読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社の辞め方(転職アクション)

 
さて、会社の辞め方、それも手続き的なことを先に書きました。
 
そもそも会社を辞めたいと思って、即座に退職出来る人がどれほどいるでしょうか。よほど貯金があるか、全く別の道で食べていけるか、そのための何かを見つけたかでない限り、"辞めたい"から"辞める"までの葛藤は必ず付き纏います。
 
私の場合、1年目の夏から辞めたくて仕方ありませんでした。ここでその詳細を語るに及ばないので割愛しますが、辞めるという結論に至るまで、結果として1年近く悶々としていました。
 
大半のサラリーマンにとって会社を"辞める"という結論、それはイコール"転職をする"ことだと思います。
もちろん、会社を辞めて復学する、公務員試験の勉強をする、夢を追う…そういう人たちも一定数いますが
大半の人は転職を決めるか、転職活動を行うからという形で退職します。
と、いうわけで転職の話。
 
 
○転職の進め方(〜1年未満)
残念ながらあなたたちのキャリアはゼロベースです。第二新卒として立てる土俵のそもそも土俵際にいます。ちなみにキャリア採用の土俵にも新卒の土俵にも立てませんので、もし書類が通ったのなら、選考の場に立てていることに感謝しなければならないくらい厳しい状況です。
それを踏まえてなお、この期間でも転職すべき理由が以下の3点。
 
①心身のどちらかが不調
これは本来転職云々より1度休むべきなのですが、1度でも休んだら一生のウィークポイントとしてあなたを刺し続けますし、あなた自身を苛みます。もしわずかでも気力が残っているなら、少しでも心安らぐ環境に転職すべきです。本当につらいのならちゃんと休んで下さい。
 
②俗に言うブラック企業
具体的な説明は面倒なので大手外食チェーンなんかを思い浮かべてもらえればいいかと…
なおご想像の通り、小さい会社であればあるほどブラックの傾向は強くなると思います。もちろん、企業の大小を問わず白いところは白いですし、黒いところは黒いのです。
ただ、こういうところに入ってしまったあなた自身の罪も消えるわけではないので、100%被害者ですみたいな顔はやめましょう。
 
また、ブラック企業と闘おうと時たまに外部労働組合に入る人もいますが、これもまた劇薬です(詳細は割愛)。
 
③会社がつぶれそう
潰れてから探すよりマシです。
ただこういうところに入ってしまっt…(以下同様
 
 
○転職の進め方(1年〜3年未満)
いわゆる第二新卒層です。感覚的には、ここでようやく転職という扉が少し開きます。ただ、企業や人によってこの期間の過ごし方が全く違うので、1年少しでもキャリア採用に値する経験を積んでいるケースもあれば、3年ただ言われたことを繰り返して時間を無駄にしたようなケースもあります。あなたがどの層のキャリア構築を目指しているかもこのタイミングでは重要です。
 
①職種を変えてみたい
いいタイミングだと思います。
営業から事務、事務から販売など、"社会人としての経験は積んだけれども、自分が本当にやりたいのはこういう職種なんだ"という"気付き"と"熱意"をベースに転職活動が行える、最初で最期の期間です。
たとえば、1年未満で上記のようなことを言えば忍耐力不足だと言われてしまいますし、5年以上も経験を積んでそれを捨てるのは"もったいない"という目で見てしまいます。
ただ、営業から事務は難易度高めです。特に男性諸君はその会社で内勤になるより難しいんではないかな…
もちろん、金融で専門知識を獲得して、なんていうパターンは別です。
 
②職種はそのまま、会社を変えたい
これがもっとも多いと思います。
そもそも数ヶ月から数年で会社を辞めたいと思うのは、仕事云々ではなくてその会社や人間関係がクソだからです。おそらく。
まだ仕事そのものの面白みにも気がついていないパターンもあるでしょう。
そうであるなら、今の職種のままキャリアの上積みを行いましょう。退職理由と志望動機も現職の悪口をオブラートに包んで、今あなたの担当している仕事への熱意を若々しく語ればまあまずオッケーでしょう。特にはねられる要素はないと思います。
特にバックオフィス系(経理・人事・財務等)の方にはオススメです。どこにいってもバックオフィスの仕事はほとんど同じです。
 
③大手にチャレンジ
これは一か八かの勝負でしょう、大前提としての学歴とある程度の前職のスペックが必要なのですが…
大手なのに第二新卒を取る理由(=新卒やキャリアが充分取れるのに第二新卒を行う理由)は、イレギュラーな人材が欲しいというただその一点にあると思います。
 
たとえば大手メーカーA社が営業職を未経験で募集をしているとして、別業種メーカーの経営企画部の若手が来たら気になると思いませんか?
大手とはいえA社に比べて同業下位のメーカーB社の国内営業マンと比べてどう見えますか?
(もちろんあくまで一例です)
また、上記のように同業の下位企業にいて、同業の大手に行きたい!なんていう夢物語はおおよそ相手にされません(この年齢では)。
その会社で中堅になるまでの間、海外営業なり経営企画なりを行うようなポジションに就いてから、夢の企業へ手を伸ばしましょう。
 大手にいて燻っている人はぜひ、転職エージェントに相談してみて下さい。彼らにとったらあなたたちは金の卵です。
そして今は転職市場的にも恵まれていると思います。
 
 
○転職の進め方(3年以上〜)
経験が物を言う世界です。指も疲れたのでささっと書きますが、要は"あなたの経験からどれくらいうちに利益をもたらしてくれますか"という市場です。
対して努力もせず、単純作業なんかを繰り返してきた人が引き返せなくなるラインです。もう学歴なんか全く助けてくれませんし、むしろ足かせになってきます。
詳しくはどうぞこれも転職エージェントに相談を。3年以上の職務経歴がありながら、どうしようもないITベンチャー営業職を勧められたら今いる会社で定年までしがみつくか、公務員試験の勉強でも始めることをおすすめします。
厳しいことを書きましたが、未だに大半の日本企業では石の上にも3年という理論を採用しているので、3年我慢できるようなら絶対に我慢して次を見据えたほうがいいと思います。
繰り返しになりますが、職種は動かせなくなりますし、その3年間やそれ以上の期間で何をしたかは自分なりに噛み砕いておく必要があります。
本来、転職市場は新卒入社後4〜8年目くらいがボリューム層だと思いますので、もっとも求人数などが多く、前向きに転職活動を進めることができます。
 
 
タイミング別の書きなぐりになってしまいましたが
おおよそこんな感じでしょうか。もちろん、個別に違うことが起こりえますのであくまで一意見として参照下さい…
転職の進め方と会社選びはまた別の機会に…