読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今の会社は辞めない方がいい

各位
お疲れ様です。

そもそもはTwitterで宣言したように、
・仕事を辞めようと思った時にやること
・転職って何をすればいいの?
・マジで会社を辞めるということ という
3本立てを書こうと思っていたのですが、まずは"せっかく新卒で入った会社を辞めてほしくない"という大テーマから書くことにします。

新卒で入った会社をして1年半で辞めた人間が上記のようなことを言うのは矛盾そのものですが、それでも私は辞めてほしくないと思っています。
理由は以下の2点です。

まず1点目は、"新卒で入った会社よりもいい会社に入れる可能性は低い"から。
いい会社、の定義は人それぞれでしょう。人間関係、勤務地、給与、将来性、規模…
いま見ているスマホなりパソコンで、リクナビネクストでもマイナビ転職でもなんでも結構です、検索欄で適当に第二新卒と打ち込んでみてください。
そうして出てくる様々な会社の中に、いまあなたが在籍している会社よりいい会社はいくつありますか?あなたが新卒当時、入りたかった会社はありますか?

第二新卒採用を行っている会社は景気の回復に伴い、徐々に増加しています。ただ、そう言った企業はおおよそ新卒を満足に取ることができない企業がほとんどではないでしょうか(前職の企業はそうでした)。
もちろん、中には多様性に富んだ人材が欲しい、競合他社から金の卵を奪いたい、という会社もありますが、こういった企業は新卒で入るよりなお難しいと考えておいて下さい。
特に、"辞めたい"という後ろ向きな姿勢の人間を受け入れてくれるほど甘くはないでしょう。おおよそ、新卒時に留学等で十分な就職活動が出来なかった、超がつく一流企業から勤務地や職種の都合から移ってくる、などの稀有な人材向けです(そうした人たちには転職サイトではなくエージェント各社をお勧めします。彼らは本当にいい求人を握っています。IT企業ばかり勧めてくるクソったれもいますが…)。



2点目。"経歴に傷がつく"。
大卒者の3年後離職率が30%を超えている今日、気にしない企業も増えています。が、気にするところもあるのが事実です。
あなたが、転職した2社目で定年まで過ごせるという幸運をつかむことが出来れば、この点は無視していただいて構わないのですが、おおよそ人生の転機は訪れるものです。
転職しなければならない(勤務地や給与等の都合で)、またはせっかく入った会社がなくなる、そんな事態も考えられます。
そうなるとものすごく先の話ですが、いつまでも突っつかれるのが早期退職。もう覚えていないよ!というくらいの年齢になっても中途採用の担当者や面接官は根深くヒアリングします。
専門知識を深めたい、より大手・名門で成長したい、そんな雰囲気が感じられる履歴書・職務経歴書を作ることが出来ればむしろ好印象ですが、難しいのも事実です。なぜならば1点目の問題と密接に関わってくるから。



ただ、"辞めたい"という同志たちの気持ちはよくわかります。隣の芝が青く見える、自分の仕事に面白みがない、思ったより給与が低い、その他もろもろ…
上記に当てはまる人たちは一旦よく考えて欲しいと思います。考えたなりに行動されるのは自由ですし、考えたなりの満足は出来ると思います。

最後に1つ、"心身に影響が出ている"人たちはすぐに辞めることを選択肢に入れてください。むしろその方向で調整してください。
新卒1年目の心身を狂わせる上司や、それを許している会社にいる必要はありません。あなたが抱えている仕事は誰かがやります。従業員が2人しかいなくてももう1人がやります。大きな会社なら後任が運ばれてきます。
新卒入社のあなたの責任感に甘えているような会社が、あなたの10年後20年後を考えているはずもありません。
入ったばかりの社員のマネジメントが出来ない上司、先輩、それに甘んじている会社はどんなに大きかろうと高給だろうと去るべきです。もちろん、中途採用を担当する立場からみると、ぜひその激務の中で何かを得て辞めてほしいのですが…